介護福祉士の役割と重要性

介護福祉士の業務内容として、特別養護老人ホーム・老人保健施設・介護療養型病床群・有料老人ホーム・グループホーム・小規模多機能生活介護・デイサービスセンター・デイケアセンターや障害者の福祉作業所、その他の社会福祉施設で利用者の介護(食事介護・排泄介護・入浴介護・移動介護・レクリエーション・ケアプランの実施)が中心となります。

また、在宅で生活している要介護者の自宅に通って援助する訪問介護員(ホームヘルパー)には、生活介護(掃除・料理・散歩)と身体介護(食事介護・排泄介護・入浴介護・移動介護)に業務種別が分かれており、訪問介護計画に沿って介護を行います。 施設介護では、基本的に利用者3人対して職員1人の配置になっていますが、在宅に訪問して行うサービスに関しては1対1の介護になります。施設関係の方がいいか、在宅サービスの方がいいか、自己の適性に応じて仕事選択するとよいでしょう。

スポンサードリンク

濃縮!社会福祉士

濃縮!ケアマネージャー

ケアプランナー9

濃縮!介護福祉士

濃縮!認知症ケア専門士

濃縮!住環境コーディネーター

濃縮!年金アドバイザー

濃縮!産業カウンセラー

濃縮!衛生管理者

メニュー