介護福祉士試験傾向(こころとからだのしくみ)

こころとからだのしくみ

項目の特徴
この項目は、学習項目・内容共に多く、試験問題においても、なぜその技術を提供するのかはさまざまな
科目で何度も問われていた部分でもあります。「こころとからだのしくみ」では、特に、こころとからだの両面から根拠をもって総合的に判断し、介護を行うための知識を必要とします。
この項目で出題される問題数は14問程度となります。
脳・骨・心臓・眼・耳などの構造や機能を学習する「からだのしくみ」と、食事・入浴・排泄・移動など「基本生活動作別に見た身体機能」が重要な内容で、これらを中心に問題が出題されると思われます。

この項目で学習する内容は、
「こころのしくみの理解」
「からだのしくみの理解」
「身じたくに関連したこころとからだのしくみ」
「移動に関連したこころとからだのしくみ」
「食事に関連したこころとからだのしくみ」
「入浴、清潔保持に関連したこころとからだのしくみ」
「排泄に関連したこころとからだのしくみ」
「睡眠に関連したこころとからだのしくみ」
「死にゆく人のこころとからだのしくみ」
の9項目です。

 

試験対策
「こころのしくみの理解」
この項目で、押さえるべきポイントは下記になります。
・人間の欲求の基本的理解
・人間の基本的欲求や社会的欲求
・自己概念と尊厳
・感情や意欲などに関する基本項目
・脳の基本的な構造と機能
・疾患障害とこころの動きの関係
となっています。

「からだのしくみの理解」
この項目で、押さえるべきポイントは下記になります。
・すべての人に共通するからだのしくみ
・基本的なからだのしくみ
・生命維持や恒常のしくみ
・共通言語であるボディメカニクスや関節可動域
等があげられます。


「身じたくに関連したこころとからだのしくみ」
「移動に関連したこころとからだのしくみ」
「食事に関連したこころとからだのしくみ」
「入浴、清潔保持に関連したこころとからだのしくみ」
「排泄に関連したこころとからだのしくみ」
「睡眠に関連したこころとからだのしくみ」
「死にゆく人のこころとからだのしくみ」

この項目で、押さえるべきポイントは下記になります。
・生活行動のしくみ
・生活援助を行うための「根拠」
・介護計画を立案の際の他職種との連携
等があげられる。

 

スポンサードリンク

濃縮!社会福祉士

濃縮!ケアマネージャー

ケアプランナー9

濃縮!介護福祉士

濃縮!認知症ケア専門士

濃縮!住環境コーディネーター

濃縮!年金アドバイザー

濃縮!産業カウンセラー

濃縮!衛生管理者

メニュー