介護福祉士試験傾向(障害の理解)

障害の理解

項目の特徴

この項目の学習内容の量はそれほど多くはありませんが、介護福祉士として実務をする上では、重要な内容が多く含まれている項目です。この項目は、旧カリキュラムの「形態別介護技術」「障害者福祉論」「老人・障害者の心理」の一部に該当する科目となっており、内容は、障害の医学的側面の基礎知識を中心に、心理的側面、制度面など多岐にわたっています。この項目で出題される問題数は7問程度となります。
この項目では、「障害の基礎的理解」と「障害の医学的側面の基礎的知識」の2項目が中心的内容で、この2項目から多く出題されそうです。

この項目で学習する内容は、
「障害の基礎的理解」
「障害の医学的側面の基礎的知識」
「連携と協働」
「家族への支援」
の4項目です。

試験対策
「障害の基礎的理解」
この項目で、押さえるべきポイントは下記になります。
・障害の捉え方
・ICIDH(国際障害分類)からICF(国際生活機能分類)への変遷
・障害者基本法、障害者自立支援法、身体障害者福祉法、知的障害者福祉法、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律
・発達障害者支援法などの法律
・障害の定義

・ノーマライゼーション
・リハビリテーション
・国際障害者年の理念
・障害者の権利に関する条約
・インテグレーション
・自立生活運動(IL運動)
等があげられます。

「障害の医学的側面の基礎的知識」
この項目で、押さえるべきポイントは下記になります。
・身体障害、精神障害、知的障害、発達障害、難病等の障害の原因と特性
・障害の受容や適応機制
・障害が及ぼす心理的影響
・障害の日常生活への影響
等があげられます。

 

「連携と協働」
この項目で、押さえるべきポイントは下記になります。
・地域サポートとチームアプローチ
・障害者自立支援法に基づく地域自立支援協議会のシステム
・社会資源の分類
・相談支援専門員とサービス管理責任者の役割
・地域活動支援センター
等があげられる。

「家族への支援」
この項目で、押さえるべきポイントは下記になります。
・家族の障害受容
・家族の介護力の評価
・レスパイトサービス等
等があげられる。

 

スポンサードリンク

濃縮!社会福祉士

濃縮!ケアマネージャー

ケアプランナー9

濃縮!介護福祉士

濃縮!認知症ケア専門士

濃縮!住環境コーディネーター

濃縮!年金アドバイザー

濃縮!産業カウンセラー

濃縮!衛生管理者

メニュー