介護福祉士試験傾向(認知症の理解)

認知症の理解
項目の特徴
この項目の学習内容は多くはありませんが、認知症を理解していないと試験では得点をとれなくなります。
試験では、認知症に関する問題が多く出題されており、認知症の基礎疾患や具体的な症状などの医学的
知識を問う問題、BPSD(周辺症状:行動・心理症状)の理解や具体的な対応、介護、コミュニケーションの留意点等を問う問題、ミニメンタルテストや長谷川式認知症スケール等の認知症の検査に関する問題、認知症高齢者に適用可能な心理療法やレクリエーションに関する問題、国や自治体の施策や諸制度に関する問題等が出題されています。この項目で出題される問題数は7問程度となっており、中心的箇所は「医学的側面から見た認知症の基礎」となっています。

この項目で学習する内容は、
「認知症を取り巻く状況」
「医学的側面から見た認知症の基礎」
「認知症に伴うこころとからだの変化と日常生活」
「連携と協働」
「家族への支援」
です。

試験対策
「認知症を取り巻く状況」
この項目で重要なポイントとしては、下記があげられます。
・認知症ケアへの考え方の歴史的変遷
・日本の社会福祉制度の認知症ケアの位置づけ
・パーソンセンタード・ケアの理念
・認知症高齢者の現状
・認知症に関する行政の方針や施策
等があげられる。

「医学的側面から見た認知症の基礎」
この項目で重要なポイントとしては、下記があげられます。
・認知症の症状( 記憶障害、見当識障害、計算力の低下、判断力の低下など)の特徴
・認知症の原因疾患(アルツハイマー病、脳血管疾患、レビー小体病、ビック病など)の病態、症状、経過や治療、かかわる際のポイント
等があげられる。

「認知症に伴うこころとからだの変化と日常生活」
この項目で重要なポイントとしては、下記があげられます。
・認知症の人の特徴的な心理や行動
・認知症の中核症状
・BPSDについての心理的理解
等があげられる。

「連携と協働」
この項目で重要なポイントとしては、下記があげられます。
・国や自治体による事業の内容
・地域包括支援センターの役割
・サービス(認知症対応型共同生活介護、認知症対応型通所介護、小規模多機能型居宅介護など)の特徴
等があげられる。

「家族への支援」
この項目で重要なポイントとしては、下記があげられます。
・家族介護者の思い
・レスパイトケアなどの具体的な支援方法
等があげられます。

 

スポンサードリンク

濃縮!社会福祉士

濃縮!ケアマネージャー

ケアプランナー9

濃縮!介護福祉士

濃縮!認知症ケア専門士

濃縮!住環境コーディネーター

濃縮!年金アドバイザー

濃縮!産業カウンセラー

濃縮!衛生管理者

メニュー