介護福祉士試験傾向(発達と老化の理解)

発達と老化の理解
項目の特徴
この項目内容は少なく、学習内容が少なく見えますが、各項目の内容は奥が深い内容となっています。
「発達と老化の理解」は、人間の発達に関する心理学の基礎知識を学び、特に、老化に伴うさまざまな変化が及ぼす影響について、どのような対応や配慮が必要であるか理解を進めておく必要があります。試験では、この項目で出題される問題数は7問程度となります。
特に出題されそうなのは、「発達理論」で、まず各理論の提唱者と理論名を押さえ、各理論の発達段階について理解しておく必要があります。
「高齢者に多く見られる疾患」の生活習慣病や感染症などの疾患について原因・症状・予防法も理解する必要性があります。
この項目の内容は、
「人間の成長と発達の基礎的理解」
「老年期の発達と成熟」
「老化に伴うこころとからだの変化と日常生活」
「高齢者と健康」
の4項目です。

試験対策
「人間の成長と発達の基礎的理解」
この項目で重要なポイントとしては、下記があげられます。
・エリクソンの発達段階説
・生涯発達の視点
・段階における発達課題
等があげられる。

「老年期の発達と成熟」
この項目で重要なポイントとしては、下記があげられます。
・老化現象の考え方
・老年期に直面する喪失体験などの基本的な知識
・老年期の発達課題
等があげられる。

「老化に伴うこころとからだの変化と日常生活」
この項目で重要なポイントとしては、下記があげられます。
・老化に伴う身体の変化
・老化についての形態的な変化(見た目の変化)と機能的変化(生理的機能の変化)
・免疫機能、感覚機能、消化機能、運動機能、泌尿機能等の生理的機能の変化
・老化による心理的な変化
等があげられる。

「高齢者と健康」
この項目で重要なポイントとしては、下記があげられます。
・高齢者疾患の概要
・高齢者疾患に対する適切な対応や配慮
・骨折、変形性膝関節症、関節リウマチ、骨粗髪症、誤嚥性肺炎、脳血管障害(脳梗塞、脳出血、クモ膜
下出血、一過性脳虚血発作)、廃用症候群、高血圧、糖尿病、がん、狭心症、心筋梗塞、痛風、白内障や緑内障など疾患への理解
等があげられます。

 

スポンサードリンク

濃縮!社会福祉士

濃縮!ケアマネージャー

ケアプランナー9

濃縮!介護福祉士

濃縮!認知症ケア専門士

濃縮!住環境コーディネーター

濃縮!年金アドバイザー

濃縮!産業カウンセラー

濃縮!衛生管理者

メニュー