介護福祉士試験傾向(介護過程)

介護過程
項目の特徴
この項目の学習内容は少なめです。学習内容もそれほど難しくはありません。試験では、介護過程の展開に必要な基礎的知識を中心にした出題が予測されます。事例問題では、介護の基礎知識と各教科目に特有な知識を統合する力が求められます。この項目は学習内容が少ない割りに出題数は多くなりそうな内容です。
14問程度の出題と予想します。

この項目で学習する内容は、
「介護過程の意義」
「介護過程の展開」
「介護過程の実践的展開」
「介護過程とチームアプローチ」
の4項目です。

試験対策
「介護過程の意義」
この項目で重要なポイントとしては、下記があげられます。
・介護過程の定義・意義、
・課題解決アプローチ、
・介護保険制度における介護
・サービス計画と介護過程の関係
等があげられる。

「介護過程の展開」
この項目で重要なポイントとしては、下記があげられます。
・介護過程のプロセス
・アセスメントの定義
・主観的な情報と客観的な情報、情報収集の方法、情報の解釈・関連づけ.統合化
・ICFと介護過程、生活課題の定義、課題の優先度の決定、長期目標と短期目標
・個別援助計画の意義と目的
・ケアの標準化とケアの個別化、評価と評価の視点
等があげられる。

「介護過程の実践的展開」
この項目では、介護過程の意義、介護過程の展開について基礎的な理論と方法が基本として、事例に基づいた介護過程の展開の考えかたが重要になります。

「介護過程とチームアプローチ」
この項目で重要なポイントとしては、下記があげられます。
・ケアマネジメント
・居宅サービス計画と施設サービス計画
・サービスの内容と手続の説明および同意の必要性
・多職種連携(チームケア)
・ケアカンファレンス
・サービス担当者会議
等があげられる。

 

スポンサードリンク

濃縮!社会福祉士

濃縮!ケアマネージャー

ケアプランナー9

濃縮!介護福祉士

濃縮!認知症ケア専門士

濃縮!住環境コーディネーター

濃縮!年金アドバイザー

濃縮!産業カウンセラー

濃縮!衛生管理者

メニュー