介護福祉士試験傾向(生活支援技術)

生活支援技術
項目の特徴
「生活支援技術」は、旧カリキュラムでは「介護概論」「介護技術」「形態別介護技術」「家政学概論」等の内容でした。学習内容は多いですが、学習内容の難易度はそれほど難しくはありません。
この項目では、介護福祉士として実務をする上での基本的な知識や技術を扱う項目で、日々の仕事に直結するという点では重要な項目です。なぜその技術が必要かという根拠を明確にし、具体的な技術を提供できなければ専門職としての資質を問われることになります。利用者理解を含め、基本技術に共通する技術の根拠を学ぶことが重要となる。この項目は学習内容・項目が多く出題される問題数は多いので、28問程度の出題と予想します。
上に記載した学習項目から見て、事例問題が多く出題されそうです。

この項目で学習する内容は、
「生活支援」
「自立に向けた居住環境の整備」
「自立に向けた身じたくの介護」
「自立に向けた移動の介護」
「自立に向けた食事の介護」
「自立に向けた入浴・清潔保持の介護」
「自立に向けた排泄の介護」
「自立に向けた家事の介護」
「自立に向けた睡眠の介護」
「終末期の介護」
の10項目です。

試験対策
「生活支援」
介護福祉士がサービス提供する際の生活支援技術の基本を押さえることが重要である。旧カリキュラムの中では「介護概論」がこの分野に入ります。生活とは何か、生活支援の考え方を基本として学んでいくことが重要である。

「自立に向けた居住環境の整備」
この項目では、旧カリキュラムの「介護概論」「家政学概論」「介護技術」の内容が多く含まれる。高齢者の居住環境としてユニットケアや居室の個室化など、個人を大事にした生活空間作りの重要性が意識され
ている。この環境で利用者がなじみの生活空間で生活するためには、どのような支援が必要か、安全面の必要性などが押さえるポイントになります。また、ここでは「介護の基本」で学ぶ高齢者の住まいと
環境と関連して押さえておくといいと思います。

「自立に向けた身じたくの介護」
介護福祉士の業務の中心として、以前は、入浴・排池・食事が三大介護と
呼ばれる。この項目で押さえるべきポイントとして下記があげられる。
・身じたく、移動、終末期の基本技術
・その人にあった介護を行う視点
・利用者の生活環境、状態にあわせた介護技術
・感覚機能低下、運動機能低下、認知・知覚機能低下、障害に応じた留意点
等があげられる。

「自立に向けた移動の介護」
この項目は、旧カリキュラムの「家政学概論」において出題されてきた内容に注目しておきたい。
押さえるべきポイントは、下記になります。
・アセスメントの視点、
・調理、洗濯、買いも等の生活における具体的項目
・生活に必要な基本的な内容確認
等があげられる。

 

スポンサードリンク

濃縮!社会福祉士

濃縮!ケアマネージャー

ケアプランナー9

濃縮!介護福祉士

濃縮!認知症ケア専門士

濃縮!住環境コーディネーター

濃縮!年金アドバイザー

濃縮!産業カウンセラー

濃縮!衛生管理者

メニュー