介護福祉士試験傾向(コミュニケーション技術)

コミュニケーション技術

科目の特徴
「コミュニケーション技術」は、援助関係においてのコミュニケーションの基本とコミュニケーション技法の具体的な活用について学習する科目となっています。この項目は、全体的ボリュームで考えると学習内容は比較的少なくなる科目です。学習内容の難易度もそれほど高くありません。

この項目で学習する内容は、
「介護におけるコミュニケーションの基本」
「介護場面における利用者・家族とのコミュニケーション」
「介護チームにおけるチームコミュニケーション」
の3項目です。

試験対策
介護におけるコミュニケーションの基本
この項目は、この科目の中心的なものになります。この項目は具体的な場面を設定した事例問題を出題したくなる内容です。押さえるべきポイントとしては下記になります。
・コミュニケーションの基本、意義と目的
・メッセージの伝達経路(言語的チャンネルと非言語的チャンネル)
・コミュニケーションを妨げる要因
等が押さえるべきポイントになります。

介護場面における利用者・家族とのコミュニケーション
この項目では、信頼関係を形成するための日々のコミュニケーションの活用方法などが学習できる。
押さえるべきポイントとしては下記があげられます。
・傾聴、明確化、要約、共感、質問などの基本的なコミュニケーション技法
・目的や効果を理解し、具体的な活用方法
等が押さえるべきポイントになります。

介護におけるチームのコミュニケーション
サービスを提供する側の業務を円滑に行うためのコミュニケーションの方法を学習する個所となっている。
押さえるべきポイントとしては下記があげられる。
・記録、報告、会議における留意点

等が押さえるべきポイントになります。

 

スポンサードリンク

濃縮!社会福祉士

濃縮!ケアマネージャー

ケアプランナー9

濃縮!介護福祉士

濃縮!認知症ケア専門士

濃縮!住環境コーディネーター

濃縮!年金アドバイザー

濃縮!産業カウンセラー

濃縮!衛生管理者

メニュー