介護福祉士試験傾向(介護の基本)

介護の基本
項目の特徴
この項目は、介護福祉学の基幹項目にあたります。学習内容は多く、学習項目も多岐にわたっていますが、内容自体はさほど難しくはありません。「社会の理解」「生活支援技術」との重複が多いのも特徴となっています。

この項目で学習する内容は、
「介護福祉士を取り巻く状況」
「介護福祉士の役割と機能を支えるしくみ」
「尊厳を支える介護」
「自立に向けた介護」
「介護を必要とする人の理解」
「介護サービス」
「介護実践における連携」
「介護従事者の倫理」
「介護における安全の確保とリスクマネジメント」
「介護従事者の安全」
の10項目です。

試験対策
介護福祉士を取り巻く状況
この項目は、実際に現在起こっている社会の介護に関係する状況を学習します。
押さえるべきポイントとして下記になります。
・介護の歴史と介護問題の背景
・少子高齢化の進行、家族機能からくる家族介護力の低下、
・介護の社会化、高齢者介護の基本理念
等が押さえるべきポイントとなる。

介護福祉士の役割と機能を支えるしくみ
この項目は、介護福祉士の根拠法となる「社会福祉士及び介護福祉士法」と専門職能団体である社団法人日本介護福祉士会の活動について学習します。
押さえるべきポイントとして下記になります。
・介護福祉士の定義・業務・義務規定、名称独占、業務独占、養成制度、登録状況、
・日本介護福祉士会の役割・機能
等が押さえるべきポイントとなる。

尊厳を支える介護
尊厳を支える介護の押さえるべきポイントとして下記になります。、
・尊厳を支えるケアの3つの視点
・QOL
・ノーマライゼーション
・利用者主体の考え方とその実現
等が押さえるべきポイントとなる。

自立に向けた介護
自立に向けた介護では、下記ポイントを押さえる必要がある。
・自立支援、個別ケア、国際生活機能分類(ICF)、リハビリテーション
・自立と自律、IL運動の自立概念、自己決定・自己選択、
・インフオームド・コンセント、エンパワメント、ストレングス視点、代弁
・(アドボケート)機能、個別ケア
・国際障害分類(ICIDH)とICFの違い、ICFの構成要素間の相互作用
・リハビリテーションの概念、リハビリテーションの分類
等が押さえるべきポイントとなる。

介護と必要とする人の理解
この項目で重要となるポイントは、下記になります。
・人間の多様性・複雑性、高齢者や障害者の暮らし、介護を必要とする人の生活環境
・ライフサイクル、高齢化率と高齢者世帯の増加、家族関係、高齢者世帯の収入、健康状態
・介護が必要になった原因、
・要介護者・要支援者の増加と家族介護者の状況
・レクリエーション
・身体・知的・精神の各障害者の現状と介護ニーズ
・個人および家族と社会の関係
等が押さえるべきポイントとなる。

介護従事者の倫理
介護従事者の倫理で重要となるポイントは、下記になります。
・介護従事者の倫理、利用者の人権と介護、プライバシーの保護
・法令遵守と説明責任
・介護福祉士の義務規定、日本介護福祉士会の倫理綱領
・身体拘束、高齢者虐待、児童虐待、
・個人情報の保護、成年後見制度、
・苦情解決制度、第三者評価制度
等が押さえるべきポイントとなる。

介護における安全の確保とリスクマネジメント
で重要となるポイントは、下記になります。
・リスクマネジメントの定義
・ハインリッヒの法則
・ヒヤリ・ハット、事故対策委員会、事故報告のシステム
・悪徳商法、クーリングオフ制度
・感染対策、代表的な感染症とその対策
等が押さえるべきポイントとなる。

 

介護従事者の安全
押さえるべきポイントとして、下記になります。
・介護従事者の心身の健康管理の重要性
・燃え尽き症候群、うつ病
・椎間板ヘルニア、腰痛、職場における腰痛予防対箪策指針
・ボディメカニクスの原則
・労働基準法、労働安全衛生法
等がポイントとしてあげられる。

 

スポンサードリンク

濃縮!社会福祉士

濃縮!ケアマネージャー

ケアプランナー9

濃縮!介護福祉士

濃縮!認知症ケア専門士

濃縮!住環境コーディネーター

濃縮!年金アドバイザー

濃縮!産業カウンセラー

濃縮!衛生管理者

メニュー