介護福祉士試験傾向(社会の理解)

社会の理解
この項目は学習範囲がとても広く、学ぶべき内容、暗記すべき項目は多岐にわたり非常に広範囲なります。
旧カリキュラムの「老人福祉論」、「介護概論」、「障害者福祉論」、「社会福祉概論」、「家政学概論」のほか、「社会学」や「社会保障」などの内容も含まれます。出題数は7~8問程度となります。
学習では、この内容をどのようにして理解するかが重要なポイントとなる。
この項目で学習する内容は、
「生活と福祉」
「社会保障制度」
「介護保険制度」
「障害者自立支援制度」
「介護実践に関連する諸制度」
の5項目です。

試験対策
生活と福祉
この項目は、旧介護福祉士カリキュラムでは、「家政学概論」にあたる内容となっております。
押さえるポイントとして下記になります。
・「家庭」や「家族」「ライフスタイルの変化」
・「地域」、「社会」、「組織」、「社会構造の変容」
・「生活支援と福祉」内の社会福祉の歴史的変遷と社会福祉法
等が押さえるべきポイントとなる。
社会保障制度
この項目は、旧介護福祉士カリキュラムでは、「社会福祉概論」の内容にあたります。
新カリキュラムではより体系的な内容となった項目です。押さえるポイントとして下記になります。
・社会保障の基本的内容と歴史的変遷
・年金や医療保険の概要
・社会保障制度
等が押さえるべきポイントとなる。

介護保険制度
社会の理解の項目は、介護保険制度が出題の中心となる。
押さえるポイントとして下記になります。
・「介護保険制度のしくみの基礎的理解」
・介護保険制度に関係してくる組織や各機関等の役割
等が押さえるべきポイントとなる。

障害者自立支援制度
この項目である障害者自立支援法の廃止は、確実となっているが、新たらしい制度が出来上がるまで
まだ時間を要すると思われる。この項目の押さえるべきポイントとして下記になります。
・障害者の自立支援の仕組
・障害者自立支援制度の問題点
等が押さえるべきポイントとなる。

介護実践に関連する制度
介護実践に関連する制度の内容も広範囲となっている。
この項目の押さえるべきポイントとして下記になります。
・「成年後見制度」、「高齢者虐待防止法」
・保健医療福祉に関する施策
・生活保護法
・社会手当や生活福祉資金貸付制度の概要
等が押さえるべきポイントとなる。

 

スポンサードリンク

濃縮!社会福祉士

濃縮!ケアマネージャー

ケアプランナー9

濃縮!介護福祉士

濃縮!認知症ケア専門士

濃縮!住環境コーディネーター

濃縮!年金アドバイザー

濃縮!産業カウンセラー

濃縮!衛生管理者

メニュー