介護福祉士試験傾向(人間関係とコミュニケーション)

人間関係とコミュニケーション

項目内容
「人間関係とコミュニケーション」は、援助の入り口となる、利用者との関係づくりについての科目であります。
この項目では、比較的試験への出題は少なくなると思います。

この項目で学習する内容は、
「人間関係の形成」
「コミュニケーションの基礎」
の2項目です。

試験対策
人間関係の形成
おさえるべきポイントとして、利用者と良好な関係を形成する為の方法があげられ具体的には、下記があります。
・援助者が共感的・受容的な態度
・利用者について理解を深める
・援助者自身についても自己覚知
等が学習のポイントになります。

コミュニケーションの基礎
人間関係とコミュニケーションからの出題は「コミュニケーションの基礎」の項目が中心となります。
おさえるべきポイントとして、下記があります。
・コミュニケーション技法の特徴
・非言語コミュニケーション
等が学習のポイントになります。

 

スポンサードリンク

濃縮!社会福祉士

濃縮!ケアマネージャー

ケアプランナー9

濃縮!介護福祉士

濃縮!認知症ケア専門士

濃縮!住環境コーディネーター

濃縮!年金アドバイザー

濃縮!産業カウンセラー

濃縮!衛生管理者

メニュー