介護福祉士試験傾向(人間の尊厳と自立)

人間の尊厳と自立

項目内容
介護福祉士試験全体からみれば、項目内容は少なく問題も出題される数は少なくなります。
少ない項目内の生存権、老人福祉法や社会福祉法、障害者基本法の目的や理念について問われているので
法律を中心とした内容を押さえる必要があります。

この項目で学習する内容は、
「人間の尊厳と自立」
「介護における尊厳の保持・自立支援」
の2項目です。

試験対策
人間の尊厳と自立
この項目で押さえておくポイントは、下記になります。
・「生存権」
・「社会福祉サービス」
・「障害者基本法の目的や理念」・
・「尊厳の保持に関する法制度の問題」
・「IL運動」
・「エンパワメント」
・「権利擁護」
・「身体拘束」「行動制限」
・尊厳」「自立」「自律」「自立生活」などの基本的用語の定義
等があげられます。

介護における尊厳の保持・自立支援
過去出題では、介護従事者の尊厳を守りつつ、自立支援する方法等の問題が出題される傾向にあります。押さえておく
ポイントは、下記になります。
・身体拘束の事例
・介護倫理
・虐待や悪徳商法など介護分野の権利侵害の状況と救済方法
・アドボカシー・権利擁護
などがあげられます。

 

スポンサードリンク

濃縮!社会福祉士

濃縮!ケアマネージャー

ケアプランナー9

濃縮!介護福祉士

濃縮!認知症ケア専門士

濃縮!住環境コーディネーター

濃縮!年金アドバイザー

濃縮!産業カウンセラー

濃縮!衛生管理者

メニュー