今さらですが、介護福祉士って?

介護福祉士は、身体上又は精神上の障害がある方の介護を行い、または介護に関する指導を行います。

介護福祉士の業務の場所としては、特別養護老人ホーム、老人保健施設・介護療養型医療施設・デイケアセンターや障害者の福祉作業所、その他の社会福祉施設があげられます。また、在宅で生活している要介護者の自宅に通って援助する訪問介護員(ホームヘルパー)にも介護福祉士資格は有用です。介護福祉士は、訪問介護のサービス提供責任者になれる資格要件となっています。社会福祉士がソーシャルワーカーという英語名でも呼ばれるように、介護福祉士についてもケアワーカーという呼び方をすることもあるそうです。今後は、この職種の専門性を深めていくこと、他の医療、看護、リハビリテーションなどの職種との連携、相互理解などその職域の発展のためなされなければならなりません。

また、介護福祉士学会も誕生し、介護福祉学といった専門分野もその産声を上げました。しかし、介護福祉士の資格を取得してもその社会的地位は看護師と同等とは言い難く(例えば厚生労働省が定めたグループホームの人員配置には看護師はあるが介護福祉士の規定はない等)、その業務内容が苛酷であることから離職率が非常に高い状態となっています。その背景として、過酷な労働に対して給与が安いという問題があり、苛酷かつ、給与が低いことからさらに敬遠され人材が不足しているため、勤務がより苛酷になるという悪循環が生じています。

スポンサードリンク

濃縮!社会福祉士

濃縮!ケアマネージャー

ケアプランナー9

濃縮!介護福祉士

濃縮!認知症ケア専門士

濃縮!住環境コーディネーター

濃縮!年金アドバイザー

濃縮!産業カウンセラー

濃縮!衛生管理者

メニュー