介護福祉士がキャリアアップするなら?

介護福祉士としてのキャリアは、将来的に多くの選択肢があります。介護の現場が好きなら、介護職として介護のプロとして極めてもいいですし、認知症ケア専門士の資格などを取得し、さらなる専門性を追求、発揮するのもいいと思います。現場で介護経験を積むことであなたの実力しだいでは、介護主任・事務長・施設長など管理職へのステップアップも可能になってきます。責任あるポストにつくことで、福祉や介護への思い、理想をより大きく描くことができるといえるでしょう。もちろん、独立して経営者になる人もいます。

また、ケアマネジャー(介護支援専門員)をめざす道もあります。ケアマネジャー(介護支援専門員)は5年間の実務経験で受験資格が得られる公的資格になります。介護福祉士は生活を直接的にサポートしますが、ケアマネジャーは要介護認定を受けた人に必要な介護サービス計画(ケアプラン)を作成し、計画に即したサービスの実施とサービス提供後の管理などを行う、いわば要介護者やその家族と福祉・医療・保険制度を結ぶ架け橋です。こちらも介護保険制度の中核を担う重要なポジションです。

また、少数になりますが、学校の先生をめざす方もおられます。介護福祉士養成校の教員になって、現場での経験を後輩育成に生かしたり、講習会の先生になったりと専門性を発揮して社会貢献するのも一つの道です。

 

スポンサードリンク

濃縮!社会福祉士

濃縮!ケアマネージャー

ケアプランナー9

濃縮!介護福祉士

濃縮!認知症ケア専門士

濃縮!住環境コーディネーター

濃縮!年金アドバイザー

濃縮!産業カウンセラー

濃縮!衛生管理者

メニュー